プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】

パレット

流通コストの削減を考える

中古パレットを使用する際には、運ぶものによってサイズを決めるとともに、両面使用か片面使用か、二方差しか四方差しかを選びます。また鉄製・木製・プラスチック製の中から、使用目的に合ったものを選ぶ必要があります。

詳しく見る

金属

金属材料の加工技術

石川県の県庁所在地・金沢市は金属加工が盛んな街で、市内には多くの工場が存在します。鋳造・プレス加工に代表される成形加工とフライス盤・旋盤などを使う切削加工、溶接等の接合加工が代表的な金属加工です。金沢市の金属加工業者はそれぞれ得意分野を持っており、所有する機械設備をホームページ上で紹介しています。

詳しく見る

Menu

アクリル樹脂の特長

アクリル板

プラスチックの女王とも呼ばれるアクリル樹脂はガラスより透明度が高い上に、軽量で耐候性の高い性質を持ちます。加工のしやすいアクリル樹脂を材料としたアクリル板は、ガラスの代用品としても多く使われてきました。アクリル板には押し出し材とキャスト材の2種類があって、安価な前者は接着性に優れた点が特徴です。

詳しく見る

リサイクルの方法

プラスチック

各自治体ごとにプラスチック容器包装の回収日が設けられています。分別されたプラスチック容器包装は、新しくプラスチック容器として生まれ変わります。どのような形でリサイクルされているのかについてご説明します。

詳しく見る

パレットの種類と特徴

パレット

物流業界で荷物の輸送や保管に使われるパレットには、木製やプラスチック製・金属製などの種類があります。プラスチック製は木製と比べて軽量で腐食がない点がメリットですが、木製より購入コストが高い点はデメリットです。中古パレットならプラスチック製でも安価に購入できるため、コストダウンが実現できます。

詳しく見る

容器に使われる合成樹脂

プラスチック

プラスチックの種類と特徴

石油を原料として作られるプラスチックは日常生活で使ういろいろな製品に利用されていますが、食品や化粧品・洗剤・医薬品などを入れる容器はその代表的な例です。かつてはガラス製容器が使われていましたが、ガラスは割れやすく重いため容器としての使い勝手は必ずしも良くありませんでした。化学工業の発達によってプラスチックが安価に大量生産できるようになったため、それらの容器もプラスチック製が主流となっています。プラスチック容器に使われる合成樹脂の材質にも多くの種類がありますので、使用する製品の特性に合わせた材質を選ぶことが必要です。清涼飲料水を入れるプラスチック容器として爆発的に普及したペットボトルは、PETとも呼ばれるポリエチレンテレフタレートを成形して作られます。PET樹脂は透明度が高く光沢のある点が大きな特徴で、軽くてデザインの自由度が高いことから清涼飲料水だけでなく調味料や酒類のプラスチック容器としても使われるようになりました。耐薬品性の高いPET樹脂のプラスチック容器は化粧品や洗剤類にも多く使われていますが、ポリエチレンやポリプロピレンなどはPET樹脂よりも強度に優れた素材です。製品の種類によってはPET樹脂よりもポリエチレンやポリプロピレンの方が適している場合もあり、特にポリプロピレンはヒンジキャップの部分によく採用されています。PET樹脂を使ったプラスチック容器も製法の違いによって強度が変わってくるため、変形や衝撃に強い容器を作ることは可能です。安い金型で製造できるダイレクトブロー成形は形状の自由度が高い方式ですが、作られたペットボトルの強度はそれほど強くありません。これに対して延伸ブロー成形と呼ばれる方式では強度の高い肉厚のペットボトルを製造することができます。メーカーにプラスチック容器を注文する際には、事前に内容物を入れてみて相性の良い種類の樹脂を選ぶといいでしょう。

Copyright© 2017 プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】 All Rights Reserved.