プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】

Menu

リサイクルの方法

プラスチック

エコ的な取り組み

各自治体でプラスチック容器包装が、決まった日に集められていますが、どのようにリサイクルされるのかご存知でしょうか。回収されるのは、「プラマーク」のついた商品を包装したプラスチック製のもので、プラスチック容器自体は「燃えるゴミ」として捨てられています。また、生鮮食品などが入っていた発泡スチロールのトレイやお惣菜を入れたパックなどは、スーパーなどが回収しています。分別されたプラスチック容器包装は、新しくプラスチック容器として生まれ変わります。そのほかとしては、ガスなどの燃料にもなります。リサイクルの過程ですが、プラスチック容器包装は押しつぶされて固まりとなり、リサイクル工場に送られます。最も多い利用は、材料リサイクルとしてプラスチック容器を作る原料となります。その次がケミカルリサイクルで、製鉄所などのコークス炉の原料となります。ケミカルリサイクルとは、廃プラスチックを科学的に分解して化学原料にする方法です。さらに、サーマルリサイクルといって、廃プラスチックを焼却して熱エネルギーに変換する方法があります。日本はしばしばエネルギー問題で議論になりますが、プラスチック容器包装も、熱エネルギーとして有効活用されています。企業も、自社製品のプラスチック容器回収などを行い、リサイクルに協力しています。二酸化炭素などの地球温暖化ガスを減らす意味でも、積極的にエコ的な取り組みを行う企業が増えています。

Copyright© 2017 プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】 All Rights Reserved.