プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】

Menu

アクリル樹脂の特長

アクリル板

優れた透明度と耐候性

プラスチックには多くの種類があってそれぞれ性質も多種多様なため、用途に応じて使い分けられています。中でも透明度が高いアクリル樹脂は軽量で強度にも優れていることから、さまざまな分野でガラスの代用品として使われてきました。日常生活の多くの場面でアクリル樹脂を材料としたアクリル板が使われており、工業製品の部材としても欠かせない存在となっています。アクリル酸エステルやメタクリル酸エステルの重合体からなるアクリル樹脂は、「プラスチックの女王」や「有機ガラス」といった異称でも呼ばれてきました。このアクリル樹脂を板状に加工したものがアクリル板で、その透明度はガラスの92%より高い93%にも達します。アクリル板は透明度が高いだけでなくアルミニウムに匹敵する硬さを持ち、屋外使用にも耐える耐候性の高さという点でも優れた素材です。マイナス40℃からプラス65℃までの使用が可能で着火温度は木材とほぼ同じ400℃となっており、高電圧に対する絶縁体としても使用できるほど絶縁性が高い点でもアクリル樹脂は幅広い用途を持ちます。このような優れた特性を持つアクリル板は、ガラスの10倍以上に達する耐衝撃強度を生かして軍事利用もされてきました。現在では水槽や商品ケース・収納ケースなどの材料にもアクリル板が多く使われています。アクリル樹脂は切ったり削ったり折り曲げたりといった加工のしやすさから、多様な製品への応用例が見られるのです。アクリル板には製法の違いによって押し出し材とキャスト材の2種類がありますので、製造メーカーに注文する際にはコストや使用目的に応じて選ぶようにするといいでしょう。押し出し材は製造単価が安いのが特徴で接着性に優れ、熱を加えることで容易に折り曲げることができます。キャスト材は2枚のガラスの間にアクリル樹脂を注入して作るため製造単価が高くなりますが、押し出し材より硬度が高く熱に強い点が特徴です。

Copyright© 2017 プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】 All Rights Reserved.