プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】

Menu

金属材料の加工技術

金属

成形・切削から接合まで

鉄や鋼・アルミニウム・銅などの金属材料は、機械部品や自動車のボディ・家電製品などさまざまな形に利用されています。それらは素材の金属に熱や圧力・機械力などを加えることで自由自在に加工され、目的とする部品や製品が得られるのです。そうした金属加工は日本が得意とする分野の1つで、日本企業が製造した機械部品は世界で高く評価されてきました。石川県の県庁所在地・金沢市も金属加工業が盛んな街として知られており、市内に数多くある工場はいずれも高い技術力を持ちます。一般に金属加工は大きく分けて成形加工と切削加工・接合加工の3種類があって、工場ごとに得意分野が異なるものです。溶解した金属を砂型や金型に注いで冷却する鋳造や、熱と圧力を使って金属を加工する塑性加工、熱を加えず機械力で金属を加工する板金などが代表的な成形加工です。切削加工は金属材料から不要部分を取り除くことで目的の形状を作る方法で、フライス盤を使う機械加工の他に旋盤やグラインダーを使う加工方法、ねじ切り加工・やすりがけ加工などがあります。金属材同士を接合する方法には溶接やろう付け・はんだ付けといった方法がありますが、アーク溶接が主流だった溶接に近年ではレーザーが多く使われるようになりました。金沢市の金属加工業者の中にも、旋盤加工を得意とする業者もあればプレス加工を得意とする業者や溶接加工に優れた業者もあって、それぞれに強味を持っています。そうした情報はインターネットを通じて知ることができますので、金沢市の金属加工業者で検索して各企業のホームページを調べてみるといいでしょう。金沢市にある金属加工業者の多くは所有する機械設備をホームページ上で紹介しており、旋盤やフライス盤・レーザー溶接機等の概要を知ることができます。機械部品などの金属加工製品をそうした業者に注文する際には、目的とする形状に合わせた加工方法と機械設備を選ぶことが重要です。

Copyright© 2017 プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】 All Rights Reserved.