人生の中にある大切なイベントで失敗しないために準備をしよう

手をつなぐ男女

憧れと証明

結婚指輪と婚約指輪の区別がいまいちついていない男性が多いですが、結婚指輪とは夫婦がお揃いでつけるものであり、あまり着脱することはありません。常につけっぱなしで生活するのが普通になるアクセサリーですから、そのデザインも生活を邪魔しないような形になっています。飾りがあまりついていないもの、宝石がついていたとしても埋込み型になっており手の動作を邪魔しないようになっている場合が多いです。
しかし、婚約指輪は別です。これは結婚相手を決めたとき男性から女性へ向けておくる指輪であり、豪勢な装飾がついた指輪です。定番の宝石はダイヤモンドとなっており、だいたいの婚約指輪についています。しかし、最近では他の宝石を選ぶ人やダイヤモンドだけでなく多数の宝石を利用するような人もおります。
婚約指輪は女性にとって自分の価値や幸せの度合いを示すようなものでもありますから、豪勢な方が良いと希望する場合が多いです。男性にとっては婚約指輪=自分の財力やこれからの結婚生活の表す象徴ともなりますから価格も奮発するような人が多いです。
しかし、中には婚約指輪にお金をかけず貯蓄や旅行への資金などにしたいと物に拘らないような人もおりますから、そのあたりは夫婦でしっかりと話し合って決める必要があります。

指輪のデザインは人によって似あう似合わないが違いますから、彼女へ婚約指輪を上げる場合は彼女の指や手の特徴に合わせた指輪を上げることがオススメです。指が太いことや骨格が大きなことで悩んでいる場合には、リングが太めの婚約指輪はNGとなっています。華奢な指に見せたい場合にはひねりがかかったような細身の指輪がオススメです。
また、宝石の大きさや形によっても見え方は違ってきますから、しっかりと指や雰囲気にマッチするような形状の婚約指輪を選んで装着してあげるようにして下さい。
昔は男性が選び女性へ向けてサプライズのような形で提供することがあたりまえでしたが、最近では女性と一緒に選びに来るような人も多いです。