プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】

Menu

パレットの種類と特徴

パレット

購入コストを下げる方法

物流に関わる業界で必ずと言っていいほど使用されているのは、荷物を載せてフォークリフトで運搬できるようにするためのパレットと呼ばれる板状の運搬用架台です。作られている材料によって木製のものとプラスチック製・金属製といった種類のパレットがあり、特殊な例ではクラフト紙を使用したパレットもあります。古くから使われてきた木製パレットは低コストで製造できる上に荷物が滑りにくい点も特長ですが、湿気を吸うと腐食しやすいのが難点です。その点で最近多く使われるようになったプラスチック製パレットは湿気に強く腐食することもないため、洗うことで常に清潔を保つことができます。木製パレットよりも軽量で物流コストを安くできる点もプラスチック製のメリットですが、破損した場合は木製パレットと違って補修して使い続けることができません。購入コストもプラスチック製パレットは木製パレットよりも高く、長期間使い続ければトータルでのコストを安くできるとは言え、中小企業では少しでもコストダウンを図りたいところです。そうした事情から新品よりも安く購入できる中古パレットが物流に関わる企業の人気を集めており、使用済みのパレットをそうした業者に売却している企業も多くあります。中古パレットには木製もプラスチック製もありますが、特に人気が高いのはやはりプラスチック製です。新品では数万円するプラスチック製パレットが、中古になると10分の1以下の価格で売られている例も少なくありません。こうした中古パレットを有効活用することにより、軽量で長持ちするプラスチック製パレットを大量に調達して物流コストを下げることが可能になるのです。裏返して使用できる両面パレットやフォークリフトの爪を4方向から入れられる四方差しのパレットは、作業効率を高めるのに役立ちます。そうした付加価値の高い製品も中古パレットを販売している業者なら格安で購入できるものです。

Copyright© 2017 プラスチック容器を利用する前に【樹脂の種類をリサーチ】 All Rights Reserved.