人生の中にある大切なイベントで失敗しないために準備をしよう

手をつなぐ男女

重要なもの

エンゲージリング購入の昨今の事情

結婚における幸せを象徴するアイテムとして、婚約指輪を挙げることが出来ます。婚約指輪は、男性が女性にプロポーズする際に贈るリングとして知られています。そのため、サプライズ的なイメージを持つ人も多くいますが、最近は婚約後にカップルで宝飾店に訪れて、女性が好みの婚約指輪を選ぶという傾向が強くなっています。婚約指輪が幸せを象徴するアイテムとイメージされるのは、その華やかなデザインも関係しているのではないでしょうか。近年は様々なタイプのリングがありますが、現在でも根強い人気を誇る「ソリティア」と呼ばれるタイプのエンゲージリングは、大きめの宝石を複数の爪で支えると言う、立体的なデザインが魅力として知られています。

新しいタイプのエンゲージリング

エンゲージリングを購入する際に、男性が最も気になるのが、価格ではないでしょうか。以前、有名男性歌手が婚約の記者会見時に発言した「給料の3カ月分」が、エンゲージリングの購入の際の目安として広く知られています。元々このキャッチフレーズは、世界的に有名な宝飾店のものでしたが、この発言で日本でも一気に知名度が高くなったとされています。しかし最近では、今後も続く生活のことも考え、無理のない範囲でエンゲージリングを購入すると言う傾向にあります。また、挙式時にはめるマリッジリングと、エンゲージリングを兼ねたタイプの指環も登場し、注目されています。エンゲージリングは、華やかなタイプのリングの為、かしこまった席での着用が多くなります。